医学部合格にはセンター9割が必須!?

国公立大学医学部・医学科の合格を狙う時の第一関門は
やはり、センター試験

2次試験の得点配分が高い国公立医学部の場合であれば、
センター試験はおよそ足切りに利用されるだけ、と考えても良いところもあります。

しかしながら、ほとんどの国公立医学部、特に地方の場合ですと、
センター試験重視というところが多いというのも現実です。

そして、国公立医学部志望の場合は、現実的に、

どこどこの大学医学部・医学科を志望するというより、
とにかく現役で、なるべく早く医学部に合格したい、という受験生が圧倒的に多いのです。
そしてもしあなたが、あるいはご子息、ご息女が合格に一抹の不安があるなら、
是非この大平式学習法を参考にしてみて下さい。

センター試験9割奪取勉強法とは

ですから、やはりセンター試験をなるべく、1点でも多く得しておくことが間違いなく合格に近づきます。

医学部・医学科を狙っている受験生の場合、
数学、理科に関しては、大きなミスさえなければ、
ほとんどの皆さんが最低9割、おそらく満点を狙える位置にあると思います。

ですから、得点で差が付きやすいのは実は文系科目とも言えるのです。

2010年入試では理数系の科目の難易度が上がり、
理系科目で多くの医学部受験生が苦労しました。

そんな中でも、無事合格にこぎ着けられたのは、
意外にも文系科目、特に英語での高得点を上げた受験生だったとも言えます。

英語で合格を勝ち取った例・詳細はコチラ

もし、時間配分、長文を全問正解が模擬試験からなかなか達成できないというかたには、大平式の学習法が大きな武器になります。

医学部医学科を狙う受験生、そして親御さんにも
支持されている本物の学習法です。

【大学受験】偏差値70越えの医学部生の大学受験勉強法+センター試験勉強法 口コミ・レビュー・体験談の詳細はコチラ
posted by 国立大学医学部 偏差値 at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験で9割を越える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150307277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。