国立大学医学部 合格のために知っておくべきこととは(合格術・偏差値など)

東大至上主義の受験界において、最近では医学部を志望する受験生が増えてきました。

地方の進学校では、成績上位の生徒たちが東大よりもむしろ、国公立大学の医学部を志望する場合もかなり増えているというのもうなずけるところです。

将来の設計を考える場合、キッチリと生活設計ができるのは、やはり大学進学時にしっかりと自分の進路を決めておく方が良いという考えなのでしょう。

また、東大合格を勝ち得た後の進路を考えた場合、決して東大ブランドだけで就職が約束されているとも限らないというのも現実だからでしょう。

さて、それでは、東京大学合格、と国公立大学医学部の合格とではどちらが難しく、受験勉強の方法はどのように違うのでしょう。

【大学受験】偏差値70越えの医学部生の大学受験勉強法+センター試験勉強法 口コミ・レビュー・体験談の詳細はコチラ

単純に言えば、東大合格も、国公立大学医学部合格も甲乙つけがたく難しいということです。

偏差値だけで比較すれば、東大偏差値がやや上の場合が多いですが、
旧帝大、国立一期クラスの大学の医学部であれば、ほぼ東大(例えば理科T・U類)より難関だともいえるでしょう。

そして、何よりもその対策方法が違ってきます。

国公立医学部受験の場合は、センター試験を重視する大学が多いです。

ご存じかも知れませんが、東大は2次試験の比率が高く、センター試験はむしろ第一段階選抜に利用されると考えても良いかも知れません。
もちろん、高得点をセンター試験で上げておけば有利であることは間違いありません。

それでは、医師不足により定員が増えた医学部は合格しやすくなったのでしょうか。

答えは、「否」です。

増えた定員は、推薦、地元の地域枠に組み込まれた場合が多く、一般の合格定員はほとんど変わっていないのが実情です。


ですから、国公立大学の医学部受験で合格を勝ち取るための目安は、

センター試験9割以上というのが現実的な目標となります。

センター試験は、教科書的な基本であるので、9割程度は簡単に取れそうだ、という感じもあるかも知れませんが、9割ラインはそれ程簡単でもありません。

時間配分の失敗、

ケアレスミス

が、命取りになるのがセンター試験です。

ですから、センター試験で9割越えをキッチリ果たし、
2次試験での合格点を獲得するためには、「合格者を出しているプロ」あるいは「合格者自身」のノウハウから学ぶのが最短です。


難関国立大・医学部に、最短確実に合格する方法は、合格者、合格者を育てている、輩出している指導者のノウハウを見るのが一番の近道ですね。

【医学部受験】偏差値70越えの医学部生の大学受験勉強法
 センター試験9割越えの勉強法の詳細はコチラ


・センター試験で取れる問題を確実に得点して、”9割ラインを何がなんでも死守する”最短の勉強法と参考書
・集中して1ヶ月間対策をすれば、どの科目も9割得点する
・入試本番までもう時間がない!D判定からでも確実・最短に合格へ導く、最も“手堅い”最短勉強方法の数々・・・

こんなノウハウを事前に知っておくのと知らないで受験するのとでは大きな違いを生みます。

国公立大学医学部受験生として、合格者が身に付けている勉強法と合格術を最低限知っておくことで、ぜひ合格を手に入れてください。


>>国立大学医学部医学科・受験合格術の詳細はコチラをクリック!




東京大学理科V類、東北大学医学部、九州大学医学部、東京医科歯科大学、名古屋大学医学部、慶應義塾大学医学部、東京慈恵会医科大学、などなど・・

医学部合格者を過去2300名以上輩出しているノウハウ の口コミ 感想 レビュー 評価 購入者の声 評判 ブログ 検証 暴露 比較 ランキング クチコミ 内容 効果 方法 合格者体験談などの情報






参考までに国公立大学医学部医学科の難易度ランキング、
センター試験目標得点率を掲載しておきます。

東京大学理科三類
京都大学医学部
千葉大学医学部
大阪大学医学部
九州大学医学部

以上センター試験93%以上目標

北海道大学医学部
東京医科歯科大学医学部
新潟大学医学部
信州大学医学部
名古屋大学医学部
岡山大学医学部
徳島大学医学部

以上センター試験92%以上目標

東北大学医学部
筑波大学医学群学類
横浜市立大学医学部
名古屋市立大学医学部
大阪市立大学医学部
神戸大学医学部
広島大学医学部
長崎大学医学部

以上 センター試験90%以上目標

旭川医科大学医学部
山形大学医学部
群馬大学医学部
金沢大学医薬保健学域学類
岐阜大学医学部
浜松医科大学医学部
三重大学医学部
京都府立医科大学医学部
奈良県立医科大学医学部
和歌山県立医科大学医学部
鳥取大学医学部
山口大学医学部
熊本大学医学部
鹿児島大学医学部
琉球大学医学部

札幌医科大学医学部
秋田大学医学部
滋賀医科大学医学部
大分大学医学部

富山大学医学部
福井大学医学部
山梨大学医学部
香川大学医学部
愛媛大学医学部
高知大学医学部

弘前大学医学部
福島県立医科大学医学部
島根大学医学部
佐賀大学医学部
宮崎大学医学部
以上 センター試験86%以上目標

あくまで2次試験の得点率が合格者平均以上の場合であるので、+1〜
%の上乗せが必要であると考えます。

ですから、90%以上の得点率がないと国公立大学医学部の合格は難しいということになります。

>>国立大学医学部医学科・受験合格術の詳細はコチラをクリック!

  
posted by 国立大学医学部 偏差値 at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立大学医学部医学科・受験合格術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。